2018年 8月 17日 (金)

野球賭博関与の高木京介投手、1年間の失格処分 巨人は契約解除

印刷

   プロ野球・巨人の選手による野球賭博問題で、日本野球機構(NPB)は2016年3月22日、新たに関与が判明した高木京介投手を1年間の失格処分とし、球団には制裁金500万円を科す処分を発表した。これを受けて巨人は22日夜、高木投手の契約解除を発表した。

   15年11月に賭博に関与していたとして処分を受けた笠原将生氏、福田聡志氏、松本竜也氏の元3選手は無期失格処分だった。高木投手を1年間の失格とした理由について、前出の3人と比べて「関与の程度に相当な差異」があることや、自ら野球賭博常習者との関係を断ち「自己の行為を真摯に反省している」ことなどを考慮したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中