2018年 11月 14日 (水)

不祥事満載、プロ野球の「綱渡り」開幕 「けじめ」のない再出発で大丈夫なのか

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   賭博など不祥事にまみれた中でプロ野球が2016年3月25日に開幕した。平然とスタートすることに対してファンはどんな思いなのだろうか。

   野球賭博、円陣ご祝儀、ノック罰金、高校野球の賭け、賭けマージャン、闇スロット...。よくもこれだけそろったものだ、とあきれる。

  • スキャンダル噴出のプロ野球界、浄化は進むか
    スキャンダル噴出のプロ野球界、浄化は進むか

「いちいち処分していたら、選手がいなくなってしまう」

「多くの選手が絡んでいることが分かった。いちいち処分していたら、選手がいなくなってしまう。だからほっかむりして、開幕しちゃえ、ということ」

   評論家の声である。

   3月23日に、12球団が共同声明を出した。

「巨人の野球賭博問題を重く受け止め、有害行為を再び起こさないよう、球界の浄化に全力で取り組み...」
「選手相互間の金銭のやりとりに関しても、12球団が結束して一層の徹底を図ることと...」

   浄化、結束。ファンにこれを約束したわけである。

   ところが翌日、オリックスでもやっていました、と公表した。開幕前に幕引きを図ったことはだれもが分かっているのだが、それでもこの体たらくなのだから、共同声明が空しい。

   開幕日、テレビもラジオも試合を中継した。

   注目の巨人-ヤクルト(東京ドーム)は日本テレビが中継。江川卓が解説し、原辰徳と松井秀喜がゲストで出演。巨人ファンからいえば「豪華メンバー」である。この巨人戦はラジオのNHK、ニッポン放送、ラジオ日本も中継した。他のカードを中継した局もあったが、「巨人、強し」の感がある。さすが球界の盟主、というべきか。

   今後のプロ野球の存在価値はファンが決めることになる。

「黒い霧事件」のときとは状況が大きく違う

   かつてプロ野球は、八百長試合が社会的事件となった「黒い霧事件」を克服している。その成功体験が球界にあるのかもしれない。ただし、振り返ってみると、今回とは大きく違う状況があった。

   前回の騒動のときは、巨人V9時代の真っ最中で、巨人には長嶋茂雄、王貞治という超スーパースターが打ちまくっていた。その活躍が暗い雰囲気を吹き飛ばした。ちょうど大リーグでベーブ・ルースがワールドシリーズで八百長をしたブラックソックス事件を、特大ホームランで救ったときと似ている。

   さて今回だ。何か吹き飛ばすものがあるのか、と思っている。長嶋、王、ルースは毎試合出場する打者で、だから効果満点だったのだが、現在のプロ野球にそんな大物がいるのか。

   同じく八百長事件から見事に復活した大相撲は、一場所休んで反省の形を示し、横綱を筆頭に力士たちがファンとの接触を積極的に行った。それがテレビをはじめとするメディアに紹介された。そして今、連日の大入りである。

   つまり「けじめ」である。

   開幕後のプロ野球に新たなスキャンダルが発覚しなければ、と思うばかりである。今シーズンは、優勝争いとは別に、びくびくしながらの「綱渡りのペナントレース」といえる。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中