2018年 7月 19日 (木)

白鵬「変化相撲」バッシングに、日馬富士「自爆」批判も噴出 「横綱相撲」台無しにしたのはどちらか

印刷

   2016年3月27日に行われた大相撲春場所千秋楽で横綱白鵬(31)が、立ち合い直後の変化で横綱日馬富士(31)に一瞬で勝ちを収め36回目の優勝を決めると会場は、「勝てば何でもええんか!」「恥を知れ!」などと大ブーイングに包まれ、表彰式を待たずに観客の半分近くが帰るという事態になった。

   いわゆる横綱同士の「横綱相撲」を怠ったという白鵬への批判が噴出したわけだが、ネット上では土俵から一直線に土俵下に駆け下りていった日馬富士こそ無様で、横綱としての力量が足りない。「戦犯はむしろ日馬富士」などといった評価も出ている。

  • 横綱日馬富士に「変化」で飼った白鵬。会場から「恥を知れ!」などと大ブーイングが起こり「本当に申し訳ないと思います」と謝罪した(写真:ロイター/アフロ)
    横綱日馬富士に「変化」で飼った白鵬。会場から「恥を知れ!」などと大ブーイングが起こり「本当に申し訳ないと思います」と謝罪した(写真:ロイター/アフロ)

日馬富士は突進し、何もできずに「自爆」した

   白鵬はこの一番で勝つと36回目の優勝が決まり、負ければ大関稀勢の里との優勝決定戦にもつれ込む。行司が軍配を返すと日馬富士が突進し、白鵬は右手を出して直ぐに左に寄った。日馬富士はそのまま土俵下に駆け下り一瞬で勝負が決まった。観客はあっけに取られた後に席を立ち、表彰式が始まる前に半数以上の人が帰っていった。解説の北の富士勝昭さんは、「お客様に申し訳ない」とした後で、

「横綱同士の、せめて千秋楽の変化はやめてほしいね。昔はこんなことはなかったと思うよ」

と激怒した。表彰式で土俵に現れた白鵬に観客は「勝てば何でもええんか!」「恥を知れ!」「変わり身はやめろ!」などといったヤジが飛んだ。優勝インタビューでマイクを向けられた白鵬はそれをじっと聞いていて言葉が出なくなった。そして、

「本当に千秋楽、ああいう変化で決まるとは思っていなかったので、本当に申し訳ないと思います」

と謝罪した。その後も声が詰まってうまく話せなくなり、何度も「すいません」と謝っているうちに涙が溢れ、手で涙を拭った。

   その表情はNHKで全国に生中継され、ネット上でも、

「情けなくて相撲を見たくなくなる。早く引退しろ」

などといった批判が出た。

   しかし一夜明けるとネット上の反応が少し違ってきた。「変化」は相撲で認められている技の一つ。それを白鵬が上手く使っただけで、情けないのは何もできずに土俵下に駆け下りて「自爆」した日馬富士であり、日馬富士こそ横綱としての力量が無いと批判されるべきではないのか、というのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中