2018年 8月 18日 (土)

シャープ、台湾・鴻海の出資額見直しを決議 1000億円減額

印刷

   経営再建中のシャープは2016年3月30日に開いた臨時取締役会で、台湾の鴻海精密工業による出資額を見直して契約することを議決したと発表した。両社は2月26日に鴻海がシャープに4890億円を出資し、傘下に収めることで合意したと発表していたが、その後シャープの潜在的な債務(偶発債務)の存在が発覚していた。交渉をやり直した結果、1000億円少ない3890億円の出資で落ち着いた。3月31日に調印し、鴻海の郭台銘会長が4月2日に来日して高橋興三社長と記者会見を開く見通しだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中