2018年 10月 21日 (日)

花粉「スギ」の次は「ヒノキ」 ピークこれから

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   東京では桜が満開となり、本格的な春到来となった。一方で、花粉症の人にとってはまだ憂うつな季節が続きそうだ。日本気象協会は2016年3月31日、ヒノキ花粉の飛散についてウェブサイト上で注意を呼びかけた。

   スギ花粉は西日本でピークを越えつつあるが、ヒノキ花粉は東日本、西日本でこれからが「本番」となるという。人によってはスギ花粉よりもヒノキ花粉に敏感に反応するので、対策が必要だ。

   エスエス製薬のウェブサイトでは、花粉症を引き起こす植物が紹介されている。最も飛散量が多いのはスギ花粉で、時期は2~4月。その後にヒノキ花粉が少し遅れて3~5月に飛散する。だがこれで終わりではない。8~10月には、ブタクサ花粉が飛び、花粉症の原因となる。ブタクサはスギ、ヒノキに次いで花粉飛散量が多いが、飛ぶ距離が短いので近づかなければ避けられるようだ。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...