空自機が鹿児島で消息絶つ 7日朝から捜索再開

印刷

   2016年4月6日14時30分過ぎ、航空自衛隊飛行点検隊(埼玉・入間基地)所属のジェット機「U-125」が海上自衛隊鹿屋基地(鹿児島県)の北方約10キロで消息を絶った。6人が搭乗していた。

   U-125は、鹿屋基地の無線装置が正常に動作しているかを検査するために飛行。13時15分頃同基地を離陸し、16時頃に戻ってくる予定だった。

   6日夕方から夜にかけて捜索を行ったが機体は発見できず、7日朝に陸海空500人を動員して捜索を再開した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中