2019年 7月 21日 (日)

レンコン(前編) 「太り過ぎ」に悩んだ楊貴妃の秘密兵器 花粉症やぜんそく、ダイエットに効果期待

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

肥満のマウスに食べさせると3週間で肝脂肪が6割減

   レンコンは、花粉症と同じアレルギー疾患であるぜんそくにも効果があるようだ。また、レンコンのポリフェノール(植物由来成分)に脂肪を燃焼させる効果があることも実験で確かめられた。レンコンの産地・佐賀県工業技術センターが、古くなって捨てられるレンコンの有効利用を図りたいと研究を進めた結果、2009年、脂肪肝のマウスにレンコンを食べさせる実験を行なったところ、3週間で肝臓の脂肪の濃度が62%も減少したと発表した。

   レンコンには、野菜の中でも特にポリフェノールが多いといわれるゴボウの4倍以上もポリフェノールがある。楊貴妃がレンコンの葉茶を飲んで美貌を保ち、玄宗皇帝の寵愛を独占した故事には根拠があったわけだ。(後編に続く)

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中