2018年 12月 12日 (水)

トイレット紙に「大腸がんクイズ」を印刷 ウンウン解きながら啓発と検査の一石二鳥

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   本を読んだり、スマートフォンを見たり、トイレで座っている時間は手持ち無沙汰だ。この時間を大腸がん検査受診の呼びかけに有効活用しようと、NPO法人「ブレイブサークル運営委員会」が、大腸がんクイズを印刷した「大腸がん撲滅トイレットペーパー」を考案し、2016年4月8日に販売開始した。

   大腸がん検査は検便で行われることもあり、絶好の組み合わせといえそうだ。

   近年、大腸がんにかかる人が急増している。国立がん研究センターの調査では、患者数は30年間で約6倍に増え、がんの死亡原因で女性1位、男性3位になった。初期は自覚症状がほとんどないが、早期発見で95%が治癒する。

   同法人は、早期に大腸がんを見つける検査の普及活動を行なっている。クイズは「何歳頃から大腸がんにかかりやすくなりますか?」「早期の大腸がんはどんな自覚症状がありますか?」など全4問。ペーパーを引き出していくにつれ、問題、ヒント、答えが順番に出てくる仕掛けだ。

   行政・医療機関、健康保険組合、企業の健康管理部門などを対象に販売する。価格(税別)は1ケース100ロール入りで5000円。同法人の公式サイトから購入できる。

  • 引き出すと、問題、ヒント、答えが順番に出てくるデザイン
    引き出すと、問題、ヒント、答えが順番に出てくるデザイン
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中