2018年 10月 20日 (土)

卵アレルギーの原因物質持たないニワトリ開発 鶏卵への応用に期待

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   卵アレルギーの原因物質(アレルゲン)を持たないように品種改良したニワトリの開発に成功したと、産業技術総合研究所(産総研)などの研究チームが2016年4月7日、発表した。

   発表によると、開発には次世代の品種改良技術として注目される「ゲノム編集」を用い、アレルゲンである「オボムコイド」というタンパク質の遺伝子を持たないニワトリを作り出した。

   ゲノム編集は、従来の技術より正確かつ効率よく遺伝子を操作できるが、ニワトリへの適用は難しいとされてきた。それが今回成功したことで、産総研は「ニワトリからオボムコイドを完全除去する目処が立った」としている。

   今後、鶏卵にもアレルゲンを含まないようにする技術の開発や、副作用の少ないアレルギーワクチンの生産にもつながると期待されている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...