2018年 10月 23日 (火)

渋谷署員19人が結核感染 留置した男から拡大か

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   警視庁渋谷署の署員19人が結核に感染していたと、複数のメディアが2016年4月12日に報じた。19人のうち6人が発病、うち3人が入院したが、4月12日時点で全員が退院しているという。

   各社報道によると、同署で留置した60代の男が15年2月に肺結核で死亡したが、当時担当していた男性署員が16年1月になって結核と診断された。その後、他の感染者も確認され、多くが男の留置や解剖に関わっていたことも分かったという。同署は、男から感染が広がった可能性があるとみて調べている。

   公益財団法人結核予防会のウェブサイトによると、結核の病原菌である結核菌は発病者のせきやくしゃみで飛び散り、これを他の人が吸い込むことで感染する。発病するのは感染者の1~2割程度で、感染から発病まで半年~2年かかることが多い。代表的な病状は肺結核で、せきや微熱に始まり、ひどくなると喀血(かっけつ=血を吐くこと)で死に至る場合もある。個別の病状によるが6か月ほどの投薬で治療できる。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...