2019年 7月 20日 (土)

HKT48新曲歌詞が「女性蔑視」と大炎上 「(女性は)勉強できても愛されなきゃ意味がない」?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   福岡を拠点に活動するアイドルグループ・HKT48の新曲「アインシュタインよりディアナ・アグロン」の歌詞に対し、一部のネットユーザーから「女性差別的ではないか」との批判が相次いでいる。

   女性は勉強しても意味がない、重要なのは「可愛さ」だけ――。こんな内容の歌詞に「不快感」を覚えた女性は多かったようで、ネット上には「女性に対する侮辱の塊」「何回見ても気持ち悪い歌詞」との声が上がっている。

  • 「74億分の1の君へ(TYPE-C)」のジャケット画像 (C)AKS
    「74億分の1の君へ(TYPE-C)」のジャケット画像 (C)AKS

「何も知らなくてもメイク上手ならいい」

   歌詞の内容がネットで物議を広げている「アインシュタインより...」は、2016年4月13日に発売されたHKT48の7thシングル「74億分の1の君へ(TYPE-C)」に収録されたカップリング曲。作詞を担当しているのは、AKBグループの総合プロデューサーでもある秋元康氏だ。

   14~17歳のメンバー4人がマイクを握る同曲では、女子学生の「赤裸々な心情」が歌われている。曲中には「どんなに勉強できても愛されなきゃ意味がない」「何も知らなくてもメイク上手ならいい」といったフレーズが登場。女性にとって重要なのは「内面よりも可愛さ」だと訴えるような歌詞になっている。

   こうした内容の歌詞に「不快感」を覚えた女性は多かったようだ。シングル発売前の16年4月4日に同曲のミュージックビデオがYoutubeで公開されると、ネット上には「歌詞の内容が女性差別的ではないか」との指摘が殺到。ツイッターやネット掲示板などには、

「この歌詞はもう女性蔑視甚だしい」
「何回見ても気持ち悪い歌詞」
「今必死こいて頑張って勉強してる子にとって侮辱的な発言」

といった声が数多く寄せられ、「炎上状態」となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中