2018年 9月 19日 (水)

ローソンとスリーエフが資本・業務提携、新店舗ブランドも展開

印刷

   コンビニエンスストア大手のローソンと、神奈川県を主な営業基盤とする中堅のスリーエフは2016年4月13日、資本・業務提携を結んだと発表した。ローソンは、スリーエフの既存株主から発行済み株式総数の最大5%に相当する株式を取得するほか、商品の開発や仕入れ、販売促進などに共同で取り組む。

   9月1日にローソンが30%、スリーエフが70%出資する合弁会社を設立。539店舗(2月末時点)のスリーエフの店舗のうち約90店舗を、ローソンのフランチャイズ・パッケージを活用した「ローソン・スリーエフ」に転換して運営する。

   両社は、15年11月に資本・業務提携で合意し、具体的な検討を進めてきた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中