2019年 1月 21日 (月)

「夫はミイラ化した状態で発見されました」 「明石家サンタ」の「失踪話」に新たな展開

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2015年末に放送されたバラエティ番組「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」(フジテレビ系、以下「明石家サンタ」)の視聴者電話コーナーで飛び出した失踪話に、「進展」があったようだ。

   「主人が行方不明になって2か月経ちます...」――4か月前、番組にそう連絡してきた女性が「夫の遺体発見」をツイッターで明かしたのだ。

  • 夫は失踪してから約半年後に見つかった(画像はイメージ)
    夫は失踪してから約半年後に見つかった(画像はイメージ)

さんま「すいません、不幸すぎます」

   「進展」がツイッターで報告されたのは、2016年4月11日だった。

「家から直線120メートル程の所で、山菜摘みに山に入った方が発見して下さいました。 半年近く経ち、ミイラ化していましたが、戻ってきて良かった」

   女性は発見時の状態を説明し、淡々と心境を綴った。

   番組に連絡して以来、女性は「実名」で登録したと思われるこのツイッターアカウントを使って、頻繁に夫の捜索を呼びかけていた。千葉県内の交番に張りだされた捜索願の写真や、失踪当時に夫が持っていたバッグの写真など、夫にまつわる情報を投稿し続けていた。

   「失踪」が広く知られたきっかけは、15年12月24日放送の「明石家サンタ」だった。同番組は、お笑いタレントの明石家さんまさんとフリーアナウンサー・八木亜希子さんが、電話で視聴者から笑える「不幸話」を聞くという内容。

   寄せられた「不幸話」をさんまさんがイジって笑いに変える中、女性が寄せたエピソードにスタジオの空気が凍りついた。ちょうど番組開始から1時間半が経とうとしていた頃だった。

「主人が行方不明になって2か月経ちます...」「原因がわかんない...」

   突然の告白に戸惑い、「え?行方不明?」と受話器越しに聞き返すさんまさん。

「(警察は)探してくれているとは思うんですけど、まったく目撃がなくて...」

   警察に届け出ているが、手掛かりなく行きづまっている。少しこもり気味の声から、切迫感と悲壮感が感じられた。これまでの時間帯、笑って済ませられる話題が多かっただけに、さんまさんも「すいません、不幸すぎます...」という言葉しか出てこない。その後、女性は「本名」を明かし、上述のツイッターアカウントを検索するよう視聴者に呼びかけた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中