日清カップヌードル新商品、「CM中止」で売り上げ好調 「矢口が出なければもっと売れてた」とネットの声

印刷

   日清食品の新商品「カップヌードルリッチ」の売り上げが好調なのだという。

   日清のカップヌードルについては、タレント・矢口真里さん(33)らを起用した新CMが、「よくこんな問題児たちを起用するな」などと批判され放送が取りやめになった経緯がある。このため、知名度が上がって売り上げが伸びたらしいと、ネット上で囁かれている。しかし、本当にそんなことはあるのだろうか。

  • 日清食品「カップヌードルリッチ」は矢口が出演した新CMを取り下げたから売り上げ好調なのか。ネットで議論。
    日清食品「カップヌードルリッチ」は矢口が出演した新CMを取り下げたから売り上げ好調なのか。ネットで議論。

フカヒレスープ味とスッポンスープ味で230円

   「カップヌードルリッチ」はカップヌードル発売45周年を記念して2016年4月11日から販売された。フカヒレスープ味とスッポンスープ味の2種類があり、価格は一般的なカップヌードルより50円高い230円になっている。

   日清食品広報にJ-CASTニュースが話を聞くと、

「具体的な数字は言えませんが、発売以来売り上げは好調で、従来の新商品にはないような動きになっています」

と説明。かなり売れているのは事実のようだ。

   「カップヌードルリッチ」で思い出されるのが新CMの取りやめだ。「OBAKA's UNIVERSITY」という題で放映されたもので、「世界に通用するグローバルおバカ人材の育成を目指す大学『OBAKA's UNIVERSITY』」の「学長」としてお笑いタレントのビートたけしさんが登場し、矢口さん含め、歌手の小林幸子さんやムツゴロウさん、音楽家の新垣隆さんが「教授陣」として出演していた。

   このCMは「よくこんな問題児たちを起用するな」などと視聴者からの反発が大きく、特に矢口さんが「2兔を追うもの、1兔も得ず」などといったメッセージを送ったことで、「かつて自身がかかわった不倫を連想させる」などとネット上で大荒れになった。日清食品は「ご不快な思いを感じさせる表現がありました」と謝罪したうえで、16年3月30日から放送していたこのCMを、約一週間後の4月7日に中止した。新商品発売直前のことだった。

   ネット上では「炎上商法」が成功し「日清食品の大勝利」などといったうがった書き込みも掲示板に出ているが、果たしてCMの取りやめと売り上げ好調に関連はあるのだろうか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中