2018年 10月 21日 (日)

芸能人の「寄付公表」は悪なのか 「熊本に500万」の紗栄子らがボコボコになる背景とは

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   芸能人は「被災地に○○円寄付しました」と公表するのを控えるべきなのか――。熊本地震の被災者に向けた著名人らによる支援活動が注目を集める中、ネット上ではこんな議論が持ち上がっている。

   きっかけは500万円の寄付を報告したタレントの紗栄子さん(29)に対する一部のバッシングだ。

  • 同じく寄付をした前澤社長のアカウントも紹介している(画像は紗栄子さんのインスタグラム)
    同じく寄付をした前澤社長のアカウントも紹介している(画像は紗栄子さんのインスタグラム)

「批判も覚悟の上、実名での振り込み明細を掲載しました」

「私も今できることを。子供達もお小遣い貯金を千円ずつ。家族みんなで寄付させていただきます。家族みんなで祈ります」

   紗栄子さんは2016年4月19日、こんなメッセージとともに振込受付書の写真をインスタグラムに投稿した。熊本地震の被災者に対する義援金で、振込額の欄には500万2000円とある。ファンからは驚きの声が相次ぎ、「いいね!」の数は21日16時時点で4万8000以上にのぼった。

   しかしコメント欄には、一部から「募金したことを言うタイプの人か」「わざわざ投稿する必要ないと思いますけど」「金額を公表する必要あるのかな」という批判的な声も寄せられた。ツイッター等では「偽善」「売名」とのコメントに加え、元夫でレンジャーズのダルビッシュ有投手(29)に絡めて「養育費で寄付か」と揶揄する人さえいた。

   すると紗栄子さんは21日昼にインスタグラムを更新。

「一人でも多くの人が寄付について改めて考えてくださり行動に移してくれたらとの思いで、批判も覚悟の上、実名での振り込み明細を掲載しました」

と、投稿に込めた思いを打ち明けた。

   さらに「信念を持っての行動なので、私は何を言われても大丈夫です」ともつづり、これからも被災者のために尽力することを約束した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...