初の業務停止「猫カフェ」とはどんなところだったのか 「処分」でもぬぐいきれない再発の予感

印刷

   猫とふれあいながら飲食できる猫カフェ。東京都は猫の適正な管理を怠り、劣悪な環境で営業していたとして動物愛護法で墨田区「ねこのて」を全国で初めて業務停止を命じた。

   この猫カフェ、一時期は6畳ほどのスペースに62匹もの猫を展示するなど、とんでもない経営をしていた。ここのオーナーは反省し都の指導に従っているというが、1カ月間の休業の後の再開については意欲満々だ。また同じような「虐待」を繰り返すのではないのか、といった心配の声が広がっている。

  • 猫カフェは癒される場所なのに癒してくれる猫は店で虐待を受けていた。東京で全国初の営業停止処分(写真はイメージ)
    猫カフェは癒される場所なのに癒してくれる猫は店で虐待を受けていた。東京で全国初の営業停止処分(写真はイメージ)

マンション6畳に62匹の猫、7割が病気に

   東京都福祉保健局にJ-CASTニュースが取材すると、猫カフェで虐待が行われているという通報が頻繁に入るようになったのが2015年11月頃から。12月21日に訪問すると6畳ほどの展示スペースに62匹もの猫がいて、7割が病気にかかっていた。15年6月の登録では10匹だった。増えた猫の全てかどうかは分からないが、猫は去勢されていないため交配によって増えたのだろうという。都は16年2月に改善命令を出し、期間は3月26日までとした。オーナーは展示猫を10匹に減らすなどの努力はしたが、病気のままだったり、清掃がきちんと行われていなかったりなど、環境が改善していないと判断し、16年4月21日に1カ月間の営業停止を言い渡した。それまでいた62匹のうちの52匹は売ったという報告が都にあった。

   実はこの猫カフェ、マンションの1室に10年6月オープンし、口コミサイトで見る限りは始めは評判はよかったが、ここ数年、テレビや雑誌で問題がある猫カフェだとして度々取り上げられていた。

   15年12月15日に放送されたフジテレビ系「みんなのニュース」では潜入取材が行われ、カラオケの音が響き渡るビルの一室に36匹のネコがいた、などと報じられた。閉店すると隣の1畳半ほどの部屋に猫が15時間も閉じ込められる。部屋にはなぜか注射器や抗生物質が入っていると思われるコップが置いてあって、スタッフが飲ませたり点眼したりしている。ずっとくしゃみをしている猫もいて、番組はこの様子を獣医に見せると、

「猫カフェの中でアウトブレイク(集団感染)が起こっている」

などと語っていた。この店では猫のレンタルも行っているため、番組スタッフが借りていき、病院で治療した。それで「病気だった」と伝えると、店からは「それはうちの猫ではない」などと仰天の返事が返ってきたことも報じられている。口コミサイトを見ると、

「2年位前に行きましたが、管理されていない猫がわちゃわちゃいてすごく不衛生でした。そこらへんにいる野良猫をいっぱい拾ってきて一つの部屋に押し込めた、みたいなお店です」
「上京して初めて行きました。とにかく臭いに驚愕した覚えがあります」

などと書きこまれている。どうしてこんな営業をしていたのか。都の担当者は「経営者としての意識の低さ」をあげている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中