SMAP中居、熊本で炊き出しにお忍び参加か 自ら料理...「ありがとう」「本当にかっこいい」

印刷

   SMAPの中居正広さんが2016年4月24日、熊本地震の被災地を訪れ、避難所となっている小学校での炊き出しなどに参加していた――との情報が、ツイッターなどで広がっている。

   居合わせた複数の住民らが、写真や動画などを投稿している。テレビカメラなどの帯同もなく、「お忍び」での支援活動だった可能性があり、現地からは感謝の言葉が相次いだ。

  • 熊本支援の姿が目撃
    熊本支援の姿が目撃

サングラスで顔隠し、フライパン振るう

「おいおいうそだろ××(※学校名)に中居くんがなんでいるんだよ」
「××(※学校名)に中居くん来てくれた。ピラフ美味しかったです(涙)」

   こうしたつぶやきとともに24日昼ごろ、ツイッターに相次いで投稿されたのは、蛍光色のジャージにニット帽、マスクといった出で立ちで炊き出しを手伝う、中居さんらしき男性の姿だ。場所は、避難所となっている熊本市東区の小学校である。自らフライパンを手に取り、避難者たちのための料理を作る姿が確認できる。

   サングラスなどで顔は隠しており、テレビカメラなどの姿もなくプライベートでの支援活動だったようだが、中居さんらしいということはやがて知れ渡った様子だ。引き上げる際にはサングラスとマスクを外し、朗らかな笑顔を見せながら、避難所の人たちと握手を交わす場面も見られた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中