2018年 7月 21日 (土)

東京五輪の新エンブレムが決定 「組市松紋」のA案に

印刷

   2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は16年4月25日午後、新たな大会公式エンブレムを、最終候補に残った4作品のうち、藍色の四角形を組み合わせた「組市松紋」のA案に決めたと発表した。

   25日に開かれた最終審査では、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長ら21人の審査員が、事前に寄せられた国民からの意見を議論した上で投票し、A案を選出。その後開かれた理事会で承認され、公式エンブレムへの採用が正式に決まった。

   応募資格を一般に広げた今回の審査では、公募で1万4599作品が集まっていた。組織委員会は4月8日に最終候補の4作品を発表し、インターネットやはがきで意見を募集していた。

  • 公式エンブレムに決定した「組市松紋」 (C)Tokyo 2020
    公式エンブレムに決定した「組市松紋」 (C)Tokyo 2020
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中