2018年 8月 20日 (月)

スノボ2選手、実質的な除名処分に 大麻使用疑惑でスキー連盟

印刷

   全日本スキー連盟は2016年4月27日、臨時理事会を開き、大麻を使用したとされるスノーボードの2選手に対して会員登録と競技者登録の無期限停止などの処分にしたと発表した。

   うち1人は、連盟の事情聴取に対し、15年冬に米コロラド州への遠征中のパーティーで大麻を使用したことを認めた。もう1人は、大麻の使用を否定したが、毛髪鑑定で成分が検出された。2人とも未成年で、スロープスタイル部門の強化指定も取り消される。登録の無期限停止は最も重い処分で、実質的な除名処分にあたる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中