2018年 11月 19日 (月)

元朝日新聞主筆・若宮啓文さん死去 訪問先の北京で

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   元朝日新聞社の主筆で、国際交流事業を展開する公益財団法人・日本国際交流センター(JCIE)のシニア・フェローを務めている若宮啓文さんが2016年4月28日に亡くなった。68歳だった。

   若宮さんは28、29日に開かれる日中韓3か国シンポジウムに出席するため中国・北京に滞在中で、28日の昼過ぎに宿泊先のホテル浴室で倒れている状態で見つかり、その後死亡が確認された。朝日新聞報道によると、若宮さんの体に外傷はなく、病死とみられる。

   若宮さんは、1970年に朝日新聞に入社し、政治部を経て2002年から08年まで論説主幹を務めた。11~13年に主筆を務めたのち退職し、13年2月にJCIEのシニア・フェローに就任した。『ルポ現代の被差別部落』『戦後70年 保守のアジア観』などの著書がある。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中