2019年 6月 21日 (金)

DAIGO、披露宴で北川景子に歌った「KSK」 「音源化したほうがいい?」にファンから賛否両論

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   歌手でタレントのDAIGOさん(38)が妻で女優の北川景子さん(29)に贈った自作のプロポーズソングを音源化するかどうか迷っている。

   結婚披露宴の翌日、自身のブログで「音源化したほうがいいかな?どうかな?」とファンに問いかけたのだが――。

  • 北川さんにサプライズでプロポーズソングを贈ったDAIGOさん(2016年4月撮影)
    北川さんにサプライズでプロポーズソングを贈ったDAIGOさん(2016年4月撮影)

自作プロポーズソングをサプライズ披露

   DAIGOさんと北川さんは2016年4月29日、都内のホテルで結婚披露宴を行った。披露宴のタイトルは「Daigo Keiko Wedding」を得意の「DAI語」で略した「DKW」。芸能界や政界から約500人が出席し、2人を祝福した。

   この日、DAIGOさんはプロポーズの言葉「KSK」(結婚してください)をタイトルにつけた自作ソングをサプライズで披露した。

   実は北川さん、15年8月にプロポーズを受けた際、DAI語で返答できなかったことを後悔していたらしい。それを知ったDAIGOさんは歌を作り、2度目のプロポーズをしようと決めたのだという。当日、北川さんは目に涙を浮かべ「HI(エイチアイ)」=「はい」とDAI語で答えた。

   DAIGOさんは翌30日にブログを更新し、自作「KSK」のCDジャケットを公開した。「サプライズで歌った『KSK』この日のためにつくった曲です」と紹介し、「KSK音源化したほうがいいかな?どうかな?意見聞かせて」とファンに尋ねた。

   ブログのコメント欄には、5月1日時点で2000件以上が寄せられている。すべてが音源化に言及しているわけではないが、意外にも目立つのが「音源化しないで」という意見だ。

「大切な人の為につくったものだから曲は大切にとっておいて下さい」
「『KSK』お二人の記念として素敵な想い出にして、音源化はせずに......」
「その歌はファンの為のものではなくて、景子さんの為の歌ですから」

といった具合で、しっかり聞きたい気持ちはあるが、何よりも「2人の思い出」という点を尊重したい気持ちが強いようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中