メールアカウント「大量流出」との報道

印刷

   ロイター通信などの報道によると、主要なウェブメールのアカウント計2億7230万件がハッキングにより流出した可能性があり、ロシアで裏取引されているという。

   アメリカの情報セキュリティー会社「ホールド・セキュリティー」の情報として報じられているもので、流出したアカウント情報のうち、5700万件と最も多いのがロシアで主流のメールサービス「Mail.ru」のものだという。次いで、ヤフーメールが4000万件、米マイクロソフトのホットメールが3300万件、米グーグルのGメールが2400万件、それぞれ流出しているという。ほかにもドイツと中国のプロバイダーが被害にあっているとの情報もある。流出したアカウントについて、各社が調査しているとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中