2019年 1月 17日 (木)

「殺人事件が発生した物件です」 千葉市がヤフオク!公売の「豪邸」、760万円は「買い」か?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   千葉市のとある住宅が、「ヤフオク!」の「官公庁オークション」で公売にかけられている。300平米を超える広さ、瀟洒なたたずまいのちょっとした「豪邸」と言っていいような物件が756万円(見積価額)から、というと、「掘り出し物だ!」と興味を持つ人がいるかもしれない。

   ただ、市による注意書きには一文、さらりとこんな「いわく」が添えられている。――「この物件は、平成26年1月に建物内で殺人事件が発生した物件です」。

  • 「官公庁オークション」より。話題となった物件
    「官公庁オークション」より。話題となった物件

チバリーヒルズにもほど近い住宅街

   この物件が公売に掛けられたのは、2016年4月のことだ。

   物件情報のページには、建物の写真が複数公開されている。地上3階建て、レンガ風のタイル壁に覆われ、玄関の上には大きなバルコニーがせり出すなど、洋館風でなかなかゴージャスな造りだ。築23年、市の説明には「経年相応の磨滅・老朽化があります」とのことだが、写真で見る限り、外観にはそれほどくたびれた雰囲気はない。

   土地が527.15平米、建物が308.1平米だから、広さもかなりのものだ。立地は、千葉市緑区の住宅街、ひところ日本の高級住宅街の代名詞だった「チバリーヒルズ(ワンハンドレッドヒルズ)」も目と鼻の先にある。

   この「豪邸」が土地・建物込みで「公売保証金額」760万円とされている。これを「破格」と感じた人も多かったようで、「2ちゃんねる」に立ったスレッドでは、「これは買いだろ」「750万ならリフォームしても安いか」といった声が続々と上がった。ただし、最初のうちは、だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中