2018年 7月 23日 (月)

「国の借金」7年ぶり減少 国債残高は増える

印刷

   国債や借入金、政府短期証券などの残高を合計した「国の借金」が2015年度末に、1049兆3661億円となったことがわかった。財務省が2016年5月10日、発表した。前年度末と比べて3兆9911億円減少。一時的な資金不足を補う政府短期証券の発行が大幅に減ったことで、年度末としては7年ぶりの減少となった。

   残高を16年4月1日時点の推計人口(1億2698万人)で割ると、国民1人あたり約826万円の借金を抱える計算になる。

   残高の内訳は、政府短期証券が前年度から33兆1395億円減って83兆7489億円。借入金も1766億円減の54兆8075億円だった。ただ、残高の9割近くを占める国債は910兆8097億円で、前年度に比べて29兆3250億円増えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中