成田エクスプレスのドア開かず 車掌が居眠り

印刷

   2016年5月14日、特急「成田エクスプレス16号」(成田空港発、池袋・大船行き)の車掌が居眠りをし、東京駅でドアが約30秒間開かないトラブルがあった。15日、JR東日本が発表した。運行に影響はなかった。

   東京駅に到着した14日正午すぎ、車掌は居眠りをしており、ホームにいた交代の車掌に声をかけられて気付いたという。車掌は「体調が良くなかった」と話しているといい、同社は指導を徹底してくことにしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中