2019年 3月 24日 (日)

「頭が良くなる」超簡単な方法 「はだし」パワーで成績16%アップ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「足の裏から健康に」と、子どもを庭などではだしで遊ばせる幼稚園や小学校は珍しくないが、このほど「はだしで走ると頭がよくなる」という研究がまとまった。

   米のノースフロリダ大学のチームが、米の運動科学誌「Perceptual and Motor Skills」の2016年5月号に発表した。

  • はだしは気持ちがいい
    はだしは気持ちがいい

バランスよく安全に走ろうと脳がフル回転する

   研究チームは、18~44歳の男女72人の協力を得て、靴を履いた状態とはだしの状態で、それぞれ大学のグラウンドを自分の好きなペースで16分ずつ走ってもらった。そして、走る前と後にワーキングメモリーのテストを行ない、テストの成績がランニングの前後で変わるかどうかを比較した。

   ワーキングメモリーとは、視覚や言葉で得た情報を瞬時に記憶し、その情報を使って与えられた課題を短時間でこなす能力のこと。最近、認知能力を測る基準として注目されている。たとえば、買い物リストを見せられ、買う品物と値段を覚える。次に財布の中身を知らされ、手持ちの金額を覚える。最後にスーパーの商品棚を見せられ、何と何が買えるかを数秒の間に判断する、といった問題が次々と出される。

   テストの結果、靴で走った場合は、ランニングの前と後では成績にほとんど差がなかった。しかし、はだしで走った場合は、ランニング前より後の方が平均で16%も成績が向上した。ちなみに、ランナーの速度と心拍数も測定したが、走り方による違いはなかった。はだしで走ったことが、脳の働きが活発化し認知能力が向上させたわけだ。いったいなぜだろうか。研究チームのトレーシー・アロウェイ博士はこう説明する。

「私たちは、靴を履いている時は何も考えずに走っていますが、はだしの場合は、正確に着地してバランスを崩さないよう、また、地面の危険な物を踏んでケガをしないよう、注意深く集中して走ります。そのことが脳の記憶中枢を刺激したと考えられます。ワーキングメモリーを楽しい方法で向上させたい人々にはうれしいニュースです」
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中