脱線事故の東武東上線、始発から全線で運行再開

印刷

   2016年5月18日正午頃に発生した脱線事故の影響で、池袋-上板橋間の運転を見合わせていた東武東上線は、翌19日の始発から全線で通常運転を再開した。東武鉄道によると、事故車両の撤去や線路の修復といった復旧作業は19日午前3時30分頃に終了した。

   今回の運転見合わせで、約18万人の足に影響が出た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中