2018年 11月 19日 (月)

3月の機械受注、5.5%増 4~6月期はマイナス見通し

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   内閣府が2016年5月19日に発表した3月の機械受注統計(季節調整値)によると、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額は前月比5.5%増の8951億円だった。増加は2か月ぶり。製造業がけん引した。内閣府は、基調判断を「持ち直しの動きがみられる」に据え置いた。

   同時に発表した1~3月期の船舶・電力を除いた民需の受注額は、前期比6.7%増の2兆6785億円。プラスは2四半期連続。2月に公表した1~3月期の受注額見通し(6.4%増)を上回った。

   一方、4~6月期は3.5%減と、3四半期ぶりのマイナスを見込んでいる。製造業は7.5%減で、原動機と航空機のマイナスを予想。また、非製造業は1.5%減。電子・通信機器などの受注が減るとみている。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中