2019年 10月 16日 (水)

木村沙織を襲う「タイ語の非難書き込み」 女子バレー「レッドカード2枚」騒動余波

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   女子バレーボールのリオ五輪最終予選で、日本はタイに劇的な逆転勝ちをしたが、タイ側からは不満の声が相次いでいる。試合は、フェアではなかったというのだ。

「レッドカードというのは、あまり見たことがありません。それも2枚というのは、これまでの記憶にないですね」
  • 日本はタイに劇的な逆転勝ちをしたが…
    日本はタイに劇的な逆転勝ちをしたが…

タイの監督に「遅延行為」の判定

   日本バレーボール協会の広報担当者も、J-CASTニュースの取材に対し、今回の試合についてはこう漏らす。

   最近力を付け五輪初出場を狙うタイだけに、日本は、2016年5月18日の試合で大苦戦し、フルセットの最終第5セットにもつれ込んだ。

   試合では、両チームとも、ビデオ判定を要求する「チャレンジ」がセット内で2回失敗までできる。第5セットでも、日本やタイが次々にチャレンジして、その度に試合が中断された。審判でさえ、判定に自信がもてずに「レフェリーチャレンジ」をするほどの混戦だった。

   最初のレッドカードが出たのは、日本が8対12で負けていたときだ。

   タイの監督がまたチャレンジを行い、今度は日本がコートのセンターラインから足がはみ出ていたのではないかという指摘だった。ところが、5秒以上経っているということで認められない。そこで、試合を中断するタイムアウトを取ったが、終わったところで、メキシコ人の主審がタイに遅延行為があったとして右手でレッドカードを掲げ、場内が騒然となった。

   レッドカード2枚目は、日本が13対12と大逆転したときに出た。

   選手交代は、タブレットのタッチパネルを使って告げることになっているが、それがうまくいかずに交代が認められなかったとタイの監督が抗議し始めた。これが遅延行為とみなされたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中