米軍属の男が「殺害」を供述 うるま市女性死体遺棄事件

印刷

   沖縄県うるま市の会社員女性(20)が遺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された米軍軍属の男(32)が女性殺害を供述したと、マスコミ各社が2016年5月21日に捜査関係者からの話として報じた。

   容疑者は調べに対し、被害女性に性的暴行を加えたのちナイフで殺害し、「動かなくなった女性を遺棄した」と話しているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中