元米兵捕虜、大統領と広島の式典に参列へ ホワイトハウス要請で実現

印刷

   オバマ米大統領が2016年5月27日に広島を訪問するときに、大戦中の元米兵捕虜も立ち会うことになった。捕虜の生存者らでつくる団体が21日(米現地時間)、発表した。

   ホワイトハウスが団体に参加を要請していた。立ち会うのは、フィリピンで旧日本軍の捕虜となった米国人男性(94)で、元米兵捕虜の代表として式典に参加する予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中