2018年 10月 16日 (火)

川崎中1殺害事件 19歳少年に懲役6~10年求刑

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   川崎市の多摩川河川敷で2015年2月、中学1年の上村遼大さん(当時13)が殺害された事件で、傷害致死罪に問われた少年(19)の裁判員裁判の論告求刑公判が2016年5月24日、横浜地裁であり、検察側は懲役6年以上10年以下の不定期刑を求刑した。判決は6月3日に言い渡される。

   報道などによると、検察側は論告で「被告がリーダー格の少年に凶器のカッターナイフを手渡さなければ、事件は起きなかった」などと指摘。これに対し、弁護側は無罪を主張し、少年も最終意見陳述で改めて関与を否定した。

   同事件をめぐっては3人の少年が起訴され、犯行のリーダー格だった無職少年(19)ら2人については、すでに不定期刑の一審判決が確定している。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...