2018年 8月 20日 (月)

川崎中1殺害事件 19歳少年に懲役6~10年求刑

印刷

   川崎市の多摩川河川敷で2015年2月、中学1年の上村遼大さん(当時13)が殺害された事件で、傷害致死罪に問われた少年(19)の裁判員裁判の論告求刑公判が2016年5月24日、横浜地裁であり、検察側は懲役6年以上10年以下の不定期刑を求刑した。判決は6月3日に言い渡される。

   報道などによると、検察側は論告で「被告がリーダー格の少年に凶器のカッターナイフを手渡さなければ、事件は起きなかった」などと指摘。これに対し、弁護側は無罪を主張し、少年も最終意見陳述で改めて関与を否定した。

   同事件をめぐっては3人の少年が起訴され、犯行のリーダー格だった無職少年(19)ら2人については、すでに不定期刑の一審判決が確定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック