2019年 6月 25日 (火)

「7年目で手取り11万円」給与明細が大反響 自動車整備士、国家資格で「この待遇?」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   自動車ディーラーの工場に整備士として7年務めたという静岡市在住の男性が、その給与明細の画像をツイッターに投稿して、悲惨すぎると話題になっている。少し前に騒ぎになった保育士や図書館員と同じレベルだと言うのだ。

   「一年目の整備士の給料ですご確認ください。車好きなら整備士になるのやめましょう」。きっかけは、自動車整備士になったばかりという人が2016年5月24日に自らの給与明細をアップしたとしてこうツイートしたことだ。

  • 給料が低くては、やってられない?(写真はイメージ)
    給料が低くては、やってられない?(写真はイメージ)

整備士らの間で3000件リツイート

   アップ画像では、手取りの月給が14万円強になっていた。

   このツイートは整備士らの間で話題になったようで、現在は別のサービス業をしているという冒頭の男性は翌日、「多いほうやな」とツイッターで指摘。男性は、2015年まで7年間務めたディーラーの工場における自らの明細だとする画像を投稿した。そこには、手取りで11万円弱の給与が示されていたのだ。

   残業なしのときのものだが、ガソリン代を1万円弱引かれたという。

   このツイートも大きな反響を呼び、5月30日夕までに3000件ほどリツイートされた。

   次々に質問も出て、冒頭の男性は、「整備士は残業が無いと辛いです」「バイトの方がマシですよw」と自虐的につぶやいた。国家資格の整備士2級も持っているというが、手当は2000円だけだという。

   職場では、忙しくなる月末に残業があるものの、月初めに早く帰らされるため、結局、基本給しか支払われないことになるそうだ。

   これだけだと年収100万円強にしかならない。しかし、年2回のボーナスが1回20万円を超えることもあり、実家暮らしのため、なんとか生活していたと書いていた。

   男性は、退職金15万円をもらって、整備士を辞めた。給与が低いため、仲間も次々に辞めていったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中