舛添都知事、議会の所信表明で陳謝 政治資金調査は15日までに「結果を公表したい」

印刷

   東京都の舛添要一都知事は2016年6月1日に開会した都議会の所信表明で、政治資金などを巡る一連の問題について、「都民の皆様、都議会の皆様に多大なる迷惑をおかけしたことを心から深くおわび申し上げたいと思います」と陳謝した。

   高額だとの批判が集まっている海外出張費については、今後は航空機のファーストクラスと宿泊施設のスイートルームを「使用しない」と明言。公用車の運用についても「厳格な運用を徹底し、都民の疑惑を招かないようにしたい」とした。

   政治資金の不透明な支出については、元検事の弁護士に調査を依頼しているとして、「議会の審議に間に合うように結果を公表したい」。6月15日の閉会日までに発表する意向を示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中