2018年 7月 19日 (木)

舛添都知事、議会の所信表明で陳謝 政治資金調査は15日までに「結果を公表したい」

印刷

   東京都の舛添要一都知事は2016年6月1日に開会した都議会の所信表明で、政治資金などを巡る一連の問題について、「都民の皆様、都議会の皆様に多大なる迷惑をおかけしたことを心から深くおわび申し上げたいと思います」と陳謝した。

   高額だとの批判が集まっている海外出張費については、今後は航空機のファーストクラスと宿泊施設のスイートルームを「使用しない」と明言。公用車の運用についても「厳格な運用を徹底し、都民の疑惑を招かないようにしたい」とした。

   政治資金の不透明な支出については、元検事の弁護士に調査を依頼しているとして、「議会の審議に間に合うように結果を公表したい」。6月15日の閉会日までに発表する意向を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中