「俺は現政権がでえっ嫌いだ」 ここにきて吉川晃司の「反安倍」がハンパない

印刷

   ミュージシャンで俳優の吉川晃司さん(50)が「反安倍政権」の姿勢を鮮明にしている。被爆二世として広島県に生まれた吉川さんは、東日本大震災以降、「反原発」そして「反政権」のスタンスを明らかにしてきた。2016年5月17日に発売された「週刊プレイボーイ」(5月30日号)のインタビューでも「俺は現政権がでえっ嫌い」とぶちまけるなど、時期的に参院選も差し迫るなかでも、その姿勢は止まらない。

   ドラマやCMへの出演など芸能活動を精力的に行っている吉川さんの発言にはネットで賛否の声が上がる一方、一部からは「余計な事は言わない方がいい」と心配する声も聞こえてくる。

  • 「反安倍」の理由は……(画像は吉川さんの公式サイトより)
    「反安倍」の理由は……(画像は吉川さんの公式サイトより)

原発事故では「マスコミや既得権益層にだまされた」

   「プレイボーイ」インタビューで日本社会の展望を問われた吉川さんは、こう答えている。

「閉塞感とか未来に陰りが見えるというか。このままいくと大して素敵な未来は待ってない感は満載だよね」

   そして、女性問題が原因で自民党からの参院選出馬を見送った作家・乙武洋匡さんに触れ、「俺は現政権がでえっ嫌いなもんだから、疑問と残念感は残るんだけど。今、(参院選で)自民党から出るのはやめましょうよ」と自民党への強い嫌悪感を表明した。

   こうした発言をするようになったきっかけは、「東北の大震災」だった。「あの時の支援復旧の仕方とか、原発うんぬんの情報でも、一部のマスコミや既得権益層にだまされてたなっていうのを痛感させられたわけ。俺は愚かだったなと」と振り返る。

   吉川さんは以前から「反原発」「反政権」的な発言を繰り返している。

   2012年1月発売の『別冊カドカワの本 愚 日本一心 吉川晃司』では、東日本大震災以降、脱原発を訴えてきた小出裕章・元京都大学原子炉実験所助教とも対談。11年の参院本会議で可決された、原発輸出の前提となる数か国との原子力協定について、「日本は、現在の人類が修復のすべを持たないモンスターを海外に売ろうとさえしている」と痛烈な批判を加えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中