米FRB、追加利上げを見送り 景気動向を重視

印刷

   米連邦準備理事会(FRB)は2016年6月15日(現地時間)に開いた連邦公開市場委員会(FMOC)で金融政策を変えないことを全会一致で決め、追加利上げを見送った。

   雇用の改善が進まなくなったことから、景気を重視する方向を打ち出した。FRBは15年12月に9年ぶりに利上げしたが、その後、株安が進むなどしたことから、追加利上げを見送っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中