2019年 12月 8日 (日)

イチロー「記録更新」が訴える プロ野球「新方式」の必要性

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   マーリンズのイチローが日米通算安打数で「世界一」になった。大リーグ記録を抜いたとして大騒ぎなのだが、記録の扱いは議論を呼びそうである。

   イチローがピート・ローズの持つ大リーグ最多4256安打を抜いたのは2016年6月15日のパドレス戦(カリフォルニア州サンディエゴ)。内野安打でタイとし、最終打席で右翼線二塁打を放ち、一気に抜いた。

  • 「世界一」の安打製造機(写真:AP/アフロ)
    「世界一」の安打製造機(写真:AP/アフロ)

スタンドのファン、チームメートは派手に祝福

   スタンドのファン、チームメートは派手に祝福した。

「(観客のスタンディングオベーションに)ああいう反応をしてもらえるとすごくうれしい」

   ビジターゲームだっただけに感慨はひとしおだったようだ。敵味方は関係なく、記録を素直に認めるファンに精一杯の応対を送った。ただ、イチローの胸の内は周囲の騒ぎと比べ冷静だった。

「(ローズを超えることに)目標を設定していなかったので、そんなに大きなことという感じは全くしない」

   このコメントは、大リーグ記録に対する考え方が表れている。球聖タイ・カッブを破ったローズの記録は、実は「大リーグの誇り」となっており、日本球界の数字を加えた短絡な足し算で比べた場合、大リーグの中でどう評価されるかを知っているからだと思う。

   記録が近づいたとき、ローズの発言が全国紙のUSAトゥデー紙に載った。

「(メディアは)そのうちイチローの高校時代の安打数まで数え始めるんじゃないか」

   オレは最初からメジャーで打った本数だ、というのである。言外に、せいぜい3Aクラスの日本の数字をなぜ合算する意味があるのか、ともうかがえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中