2018年 8月 21日 (火)

国内景気は「緩やかな回復基調」 景気判断、3か月連続据え置き

印刷

   内閣府は2016年6月17日、6月の月例経済報告を発表し、全体の景気判断を「このところ弱さも見られるが、緩やかな回復基調が続いている」と3か月連続で据え置いた。一方、企業収益に関しては、5月の「改善傾向にあるが、そのテンポは緩やかになっている」から「高い水準にあるものの、改善には足踏みが見られる」に変更し、2か月連続で下方修正した。

   石原伸晃経済再生担当相は17日午前の関係閣僚会議で経済報告を提出。その後に行われた記者会見で、英国の欧州連合(EU)離脱懸念などを念頭に「海外のリスク要因の高まりは共通認識となっている」と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中