2018年 8月 17日 (金)

「幼児は昼寝が長いと夜更かしする」 ママの常識を世界で初めて証明

印刷

   赤ちゃんの昼寝が長すぎると夜更かしをすることは、ママなら誰でも痛感している「常識」だが、聖路加国際病院と国立精神・神経医療研究センターらの研究チームが世界で初めて医学的に証明した。

   2016年6月9日付の英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)に発表した。

   赤ちゃんの昼寝が夜の睡眠にどのような影響を及ぼすかについては、各国で研究が行なわれてきたが、ほとんどの研究が母親へのアンケート調査によるもので、睡眠パターンがつくられる1歳半前後を対象に計測機器を用いて調べた研究はなかった。

   研究チームは、体の動きを記録する「アクチグラフ」という計測機器を使い、健康な1歳半の男女計50人の腰に装着してもらい、1週間にわたって睡眠の長さや時間帯を調べた。その結果、昼寝が長いほど、また、目覚める時刻が遅いほど、夜に寝る時刻が遅くなり、睡眠時間も短くなることが確認できた。

   研究チームでは、「これまでも『幼児は昼寝をしすぎると夜寝なくなる』とか、『遅い時間に寝ると夜更かしをする』といわれてきたが、科学的に証明されてこなかった。今回の研究データを家庭や保育の現場に提供し、昼寝のルール作りに役立てたい」とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中