2019年 7月 20日 (土)

TBS番組で「自分の姿、CGで消された」 「告発」出演者が推測する制作側の「動機」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   TBS系バラエティ番組「ピラミッド・ダービー」の出演者が、「CGで自分の姿が消される捏造があった」とブログで告発し、物議を醸している。これに対し、サンケイスポーツ報道によると、TBSは「行き過ぎた編集」を認めたという。

   番組では、「珍種目No.1は誰だ!?」として、各分野のプロらが変わったルールの種目で対決し、ゲストらがNo.1を予想している。

  • 「捏造」を出演者がブログで告発
    「捏造」を出演者がブログで告発

本人は「脱落してねーから!」

   2016年6月19日の放送では、4レースが行われ、告発があったのは最終レース「双子見極めダービー」だ。登場する双子が入れ替わっているかを見極めるという設定で、「達人」4人が出演した。

   そのうちの1人、顔相鑑定士の池袋絵意知(えいち)さんが、放送後の22日に自らのブログを更新し、「テレビの裏側全部暴露します」と異例の発言を行った。

   それによると、池袋さんは、最後の4回戦まで出たにもかかわらず、3回戦で脱落したと紹介された。脱落は、ルールにはなかったという。それも3回戦とされたのは実は4回戦で、3回戦が最終戦になるよう順位が入れ替えられ、なんとCGによる映像加工で池袋さんの姿が消されていたというのだ。

   これが事実なら、映像では左から2人目のブースにだれも立っていないが、実際は池袋さんがいたことになる。池袋さんは、4回のうち2回は不正解だったものの、残り2回は正解していたという。

   池袋さんはブログで、「脱落してねーから!」とTBS側に憤りを露わにし、「これは編集ではなくねつ造です」「視聴率のためなら何をやってもいいと感覚が麻痺している」と非難している。そして、自分の名誉・人権を侵害されたとして、法的措置も辞さないことも明らかにした。

   「捏造」の理由としては、TBS側は、このレースで優勝したメンタリストのDaiGoさん(29)ありきで企画していたからではないかと、独自の憶測を述べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中