バングラデシュで人質事件 日本人も巻き込まれる

印刷

   バングラデシュの首都ダッカで2016年7月1日21時ごろ(日本時間2日0時ごろ)、武装組織が飲食店に侵入し、客ら約20人を人質に立てこもった。日本時間の2日11時前、治安部隊が店内に突入。18時までに日本人男性1人を含む13人を救出し、武装組織のメンバー6人を殺害した。

   萩生田光一官房副長官は2日午後に首相官邸で会見し、未だ7人の日本人が安否不明になっていると述べた。救出された日本人男性は国際協力機構(JICA)のスタッフで、他7人と食事中に襲撃されたという。

   報道によると、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出しており、治安当局はISが関与した疑いがあるとみて捜査している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中