イラン映画界の巨匠、キアロスタミ氏死去 「一番好きな映画監督でした」と追悼の声

印刷

   カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞した『桜桃の味』などの作品で知られるイランの映画監督、アッバス・キアロスタミ氏が2016年7月4日、がん治療のために滞在していたパリで死去した。76歳だった。イラン国営通信が同日に報じた。

   ネット上には、「素晴らしい映画をありがとうございました」など追悼の声が相次いでいる。

  • アッバス・キアロスタミ氏(写真:AP/アフロ)
    アッバス・キアロスタミ氏(写真:AP/アフロ)

小津安二郎監督に捧げる作品も

   キアロスタミ氏は1940年、イランの首都・テヘランに生まれた。テヘラン大学芸術学部を卒業後、70年に監督としてデビュー。プロの俳優ではない素人を起用するなど独特の手法で知られ、87年発表の『友だちのうちはどこ?』で脚光を浴びた。99年発表の『風が吹くまま』では、ベネチア国際映画祭審査員大賞を受賞している。

   日本とのつながりも深く、2004年には高松宮殿下記念世界文化賞をイスラム圏から初めて受賞。03年にはNHKの委嘱で『5 five ~小津安二郎に捧げる~』を制作したほか、12年には横浜や静岡など国内を舞台にした『ライク・サムワン・イン・ラブ』を発表している。

   キアロスタミ氏の訃報を受け、ツイッターやネット掲示板などには、

「ご冥福をお祈りします」
「素晴らしい映画をありがとうございました」
「一番好きな映画監督でした」

といった追悼のコメントが相次いで寄せられている。16年7月5日昼には一時、ツイッターの「トレンドワード」にもキアロスタミ氏の名前が登場していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中