2018年 11月 19日 (月)

ビール類出荷数、4年連続で過去最低 発泡酒は8.8%減

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ビール大手5社が2016年7月12日に発表した発泡酒などを含むビール類の2016年1~6月期の課税出荷数量は、市場全体は前年同期比1.5%減の1億9278万ケース(1ケースは大瓶20本換算)と4年連続でマイナスとなり、1~6月期としては過去最低を更新した。缶チューハイやワインの人気に押され発泡酒の売り上げが減少した。

   内訳はビールが同0.4%増の9557万ケースと2年ぶりにプラスに転じたものの、発泡酒と第3のビールはそれぞれ8.8%減の2700万ケース、1.0%減の7020万ケースになった。メーカー別シェアでは、アサヒビールが39.2%(前年同期は38.1%)と7年連続で首位を維持。次いでキリンビールが32.1%(同34.0%)、サントリービール16.0%(同15.5%)、サッポロビール11.9%(同11.5%)、オリオンビールは横ばいで0.9%だった。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中