2018年 9月 24日 (月)

ビール類出荷数、4年連続で過去最低 発泡酒は8.8%減

印刷

   ビール大手5社が2016年7月12日に発表した発泡酒などを含むビール類の2016年1~6月期の課税出荷数量は、市場全体は前年同期比1.5%減の1億9278万ケース(1ケースは大瓶20本換算)と4年連続でマイナスとなり、1~6月期としては過去最低を更新した。缶チューハイやワインの人気に押され発泡酒の売り上げが減少した。

   内訳はビールが同0.4%増の9557万ケースと2年ぶりにプラスに転じたものの、発泡酒と第3のビールはそれぞれ8.8%減の2700万ケース、1.0%減の7020万ケースになった。メーカー別シェアでは、アサヒビールが39.2%(前年同期は38.1%)と7年連続で首位を維持。次いでキリンビールが32.1%(同34.0%)、サントリービール16.0%(同15.5%)、サッポロビール11.9%(同11.5%)、オリオンビールは横ばいで0.9%だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中