2018年 7月 19日 (木)

NYダウ、1年2か月ぶりに最高値更新 日経平均も一時上げ幅300円超

印刷

   米ニューヨーク株式市場は2016年7月12日、米国経済の先行き懸念が和らいだことから、ダウ工業株平均が3営業日連続で上昇。終値は前日より120ドル74セント高い1万8347ドル67セントで、15年5月以来約1年2か月ぶりに史上最高値を更新した。ハイテク株が中心のナスダック総合指数も34.18ポイント上げて5022.82となり、今年初めて5000の大台を超えた。

   雇用統計が大きく改善した影響が続いていることに加えて、英国の新しい首相が決まったことで景気の不安定感が払しょくされたことや、日本や欧州が金融緩和に踏み切るのではないかとの期待感も相場を後押しした。

   一方、ニューヨーク外国為替市場では、安全資産とされる円が売られた。12日17時時点の円相場は前日比2円近い円安ドル高の1ドル=104円62~72銭だった。

   その流れを受けてはじまった13日の東京外国為替市場の円相場は、前日比1円超の円安ドル高の1ドル=104円後半で推移した。

   米株式市場の上昇と円安の流れを受けた東京株式市場は13日、日経平均株価が一時348円60銭高の1万6444円25銭と、上げ幅が300円を超えた。終値は135円78銭高の1万6231円43銭で終えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中