2018年 10月 21日 (日)

再生医療による脱毛症治療研究 理研、京セラが実用化目指す

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   理化学研究所と京セラ、医療ベンチャーのオーガンテクノロジーズは2016年7月12日、再生医療技術を使った脱毛症治療の開発に向けた共同研究を開始すると発表した。髪の毛を生み出すもとになる「毛包」という器官を大量に培養し、毛髪の数を増やすという方法で、2020年までの実用化を目標にしている。

   理研は2012年、マウスの体毛の毛包を採取し、再生医療技術を用いて数を増やすことに成功した。増やした毛包を同じマウスに移植したところ、正常と同様の体毛が生えた。

   今回の共同研究では、この技術のヒトへの応用を目指す。ヒトの正常な頭皮から毛包を採取し、再生技術を用いて大量に培養する。これを脱毛した頭皮に移植することで、髪の毛の本数を増やす。

   脱毛症患者は日本に1800万人いると言われている。一方で、有効な治療法が確立されておらず、再生医療技術を使った治療法の開発に期待が寄せられている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...