2019年 8月 20日 (火)

ポケモンGOでストーカー被害の危機? 「注意点」をイングレス民が呼びかけ

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   米国を中心に世界的ブームを巻き起こしている「Pokemon GO(ポケモンGO)」の国内配信が今か今かと待たれる中、インターネット上では「Ingress(イングレス)」のプレーヤーたちから注意喚起がなされている。

   ポケモンGOはイングレスと同様、位置情報を活用したスマートフォン向けゲームだ。プレーヤーは現実世界を歩き回りながらゲームを進めるのだが、使い方次第ではストーキングなどトラブルを生む可能性もあるという。

  • 世界中でブームとなっている「ポケモンGO」(画像はポケモンGO公式動画のスクリーンショット)
    世界中でブームとなっている「ポケモンGO」(画像はポケモンGO公式動画のスクリーンショット)

ポケモンGOはイングレスをベースに誕生

   ポケモンGOは米国などで2016年7月6日(現地時間)に先行リリースされ、瞬く間に大人気となった。

   プレーヤーは、スマホ画面に表示される現実世界に即したマップを見ながら、街に隠れているポケモンを捕獲していく。カメラ機能を通してみれば、実際の景色に現れたポケモンの姿を確認できる。

   捕まえるのに必要なモンスターボールは現実上の名所・旧跡などに配置されている「ポケストップ」で入手できるので、プレーヤーはポケモン探索とアイテム入手のために街中を歩き回ることになる。3チームに分かれて各地の「ジム」を取り合う「陣取り合戦」の要素も盛り込まれている。

   開発・配信を手がけるのは任天堂が出資する米ゲーム会社「Niantic(ナイアンティック)」だ。米グーグル発祥のベンチャーであり、人気ゲーム「イングレス」の開発元として知られる。

   イングレスは、2チームに分かれたプレーヤーがスマホを手に街を歩き、現実世界に基づいたバーチャルマップ上の目印を奪い合う「陣取りゲーム」。同じチームに属する仲間と協力しながら陣地を広げ、ゲームを進めていく。ポケモンGOは、このイングレスをベースに作られている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中