東京地検、誤認起訴を認めて謝罪 八王子の傷害事件

印刷

   東京都八王子市内の傷害事件で起訴された中国人男性2人について、東京地検は2016年7月21日、誤認していたとして起訴取り消しを発表して謝罪した。

   事件は、男性2人が14年1月22日に外国語を話す複数の男に殴られるなどして重傷を負ったというもの。警視庁八王子署は3月に2人を逮捕し、2人は否認したものの、地検立川支部が起訴して3か月以上勾留していた。しかし、タクシーのドライブレコーダーには別の男らが映っていたことが後に判明した。

   地検では、目撃者の証言を信用しすぎたと誤認起訴した経緯を明かし、捜査の不備を認めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中