2019年 7月 24日 (水)

聴覚障害者が居酒屋の予約を断られた ろうあ団体抗議に「店が悪いとは思えない」の声が

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   JR尼崎市駅近くにある居酒屋に予約を入れようとしたところ、聴覚障害がある、という理由で断られ、ろうあ協会が抗議した、というニュースが報じられた。

   注文する際の筆談も「対応不可」という居酒屋の対応に、ろうあ協会関係者は「筆談すらできないとなれば何処にも行けない!」と抗議したところ、店側が謝罪することになった。しかし、ネットでは「店が悪いとは思えない」などと、ろうあ協会などを批判する意見が出る事態になっている。

  • 居酒屋に行ったら断られ…
    居酒屋に行ったら断られ…

居酒屋のチェーン店本社は「謝罪」

   京都新聞の電子版(2016年7月30日)によると、尼崎市で開かれた近畿ろうあ者体育大会の卓球競技に出場する滋賀県の7人の選手が16年5月21日夜に居酒屋を予約しようと5月9日にファクスで申し込んだところ、店長から、

「当店は手話のできるスタッフはいなく、筆談での対応もしておりません」「通訳のできる方がおられない場合、ご予約をお取りすることができません」

というファクスが届いた。選手から相談を受けた滋賀県ろうあ協会の理事らが確認のため同店を訪問すると、店長は謝罪するとともに、聴覚障害者が来店された経験はなく、しかも制限時間の90分では筆談での食事の提供は厳しい、と理由を述べ、

「どう接したらいいか分からず、失礼にあたるのでお断りした」

と説明したという。

   今回問題となったチェーン店の本社広報に話をJ-CASTニュースが聞いたところ、同社では障害者差別解消法の制定以前よりこうした問題については注意を払っていて、個別に協議のうえ可能な限り対応をしてきた、と説明した。そして、今回の店舗の対応は会社の方針に反したものであり、

「本件を教訓とさせていただき、今回のような対応が繰り返されないよう各店舗の責任者をはじめとする従業員に対し、障害者のお客様に対する弊社の対応方針を、障害者差別解消法の内容を踏まえ、教育・周知徹底に務めてまいります」

と謝罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中