広島で平和記念式典 「平和宣言」でオバマ氏演説引用

印刷

   原爆投下から71年となる「原爆の日」を迎えた広島で2016年8月6日、「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれた。式典には被爆者や遺族、安倍晋三首相ら約5万人が参列した。

   松井一実広島市長は平和宣言で、5月に現職の米大統領として初めて広島を訪問したオバマ大統領の演説を引用。平和への誓いを新たにするとともに、核兵器廃絶に向け世界各国が連帯して行動するように呼びかけた。

    式典には世界91か国と欧州連合(EU)の代表が参列した。米国のケネディ駐日大使は欠席し、臨時代理大使が出席した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中