2019年 12月 15日 (日)

3000安打イチロー「50歳までやる」 あと1256本打ってピート・ローズを黙らせろ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

Tシャツに込めた「イチローの主張」

   確かに昨季は振るわなかったイチローだが、実は今季は開幕前から秘かに好調をアピールしながら、メディアの取材には「50歳まで現役」発言を繰り返し、間接的に「3000安打今季無理」説に反論していた。

   イチローは3月のキャンプで、メッセージ入りTシャツを着て報道陣の前に現れ注目を集めた。変り種のイラストや写真、ジョークがプリントされたものにまじって、へたうまなイラストに、自身をアピールするフレーズが添えられたものだ。親交があるという、お笑いコンビ、ダウンタウンの浜田雅功さんのデザインという。

「人生は42歳から始まるんやて」
「肩もわりかし強いほうやし」
「守りも固めやし」
「脚もわりかし速いほうやし」
「見ての通り案外打つで」
「ケガなんかしたことないし」

   イチローは今季も、いわゆるレーザービームで補殺を記録。9盗塁を成功しておりメジャー通算500盗塁に到達した。これまで故障者リスト(DL)入りしたのは「胃かいよう」による1回(09年4月)しかない。

   Tシャツ披露と前後して、マーリンズの本拠があるフロリダの地元紙「サン・センチネル」が「イチローが最低でも50歳までプレーしたいと発言」(2月25日付電子版)を掲載。同内容の発言は15年10月にニューヨーク・タイムズ紙がイチロー特集で報じており、16年7月1日のシアトル・タイムス(電子版)に掲載されたイチローの3000安打をめぐる記事によると、記者が「50歳まで現役」発言を確認したところイチローは「少なくとも」と答えたという。

   イチローは6月に日米通算4257本目の安打を放って、大リーグ通算安打の記録(4256)を持つピート・ローズ越えを果たしたと話題になった。ローズはこのことについて日本の記録を加えることに不満を表明し、自分の高校やマイナー時代の記録も加算したうえで比較してくれなどと発言したという。メジャー16年で3000安打のイチロー。50歳まではあと8年、1257安打の上積みを見込めなくはない。真のローズ越えも夢ではなさそうだ。

   「50歳以上でプレー」は、米大リーグでは投手の戦力としての例はあるが、野手では例はあっても戦力にはなっていないようだ。高齢での野手の戦力例といえば日本でもプレーしたフリオ・フランコがあげられる。42~46歳のときにブレーブスに在籍し「史上最年長」の数々の記録を塗り替えた。果たしてイチローはいくつ「史上最年長」記録を残すだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中